ミセスエリザベスマフィンのオリジナルレシピ。お店の味をご自宅でも。

2006.2.1

不動の人気No.1「フレッシュバナナ」をホームメイド風にアレンジしました。ぜひ、楽しく作ってみてください♪

材料

バター 50g
ショートニング 80g
グラニュー糖 130g
卵(Lサイズで約2個分) 100g
完熟バナナ(2〜3本) 230g
(A)  薄力粉  200g
 ベーキングパウダー  小さじ2杯(約6g)
 塩 ひとつまみ

バナナスライス
※1枚約5mmのもの
20枚

下準備

  • バター、ショートニングは室温におき、やわらかくしておく。
  • Aは合わせてふるう。
  • バナナは最初にトッピング分をつくり、切れ端はペースト分に使用する。
  • バナナをフードプロセッサーでペースト状にする。
  • オーブンを180℃に温める。

作り方

  1. ボールにバター・ショートニングを入れて泡だて器でクリーム状になるまで練り合わせる。
  2. グラニュー糖を入れ、空気を含んで白くふんわりとなるまで混ぜる。
  3. よく溶いた卵を3回に分けて混ぜ入れる。卵を入れるたびに泡だて器を勢いよく回しなじませる。
  4. 3.のボールにペースト状のバナナを混ぜ入れる
  5. ゴムベラに替え、Aを入れ、切るようにさっくりと混ぜ合わせる。次に底から大きく返しながら空気を含ませるように全体を混ぜる。
  6. スプーンで生地をすくい、マフィンカップに約80g入れ、バナナスライスを2枚トッピングする。
  7. 180℃のオープンで約20分焼き上げる。
キッチンからのアドバイス
バターについて
お菓子作りでは『無塩バター』を使用するのがポピュラーですが、『有塩バター』でも大丈夫です。
また、ショートニングがない場合は、バターの分量を増やしてバターだけでも構いません。
マフィンは『クイックブレッド』です。キッチンにある食材で手軽に作れるのが一番の良さです。

バナナについて
バナナをたっぷり使用しているので、『バナナそのもの』の味が美味しさの決め手になります。
完熟サインのシュガースポット(黒い斑点)が出たバナナを使用すると、甘味・香りが増し、とても美味しくなります。
またバナナをペースト状にするときは、フードプロセッサーで小刻みに刻むほうが、生地にバナナがチャンク状(固まり)で残り、食感が良くなります。フードプロセッサーがないときは、フォークの背でつぶしてもOKです。

生地を混ぜるときのコツ
生地を混ぜすぎるとグルテンがでて『焼きあがり・食感』が悪くなります。ヘラで混ぜるとき、空いている片方の手でボールを時計と反対周りに半回転させながら混ぜると、手早く混ざります。
また、底から大きく返すときには、ひらがなの『の』の字を書くイメージで手首を返すように混ぜると空気を含みやすくなります。
つやのある生地を目指して下さい。


焼きたてマフィンの食べごろ
焼きたて・アツアツのマフィンはとても魅力的に感じますが、
実はマフィンの食べごろはバターが生地に馴染む30分以降から2時間までがベストです。
硬くなったマフィンは温めなおしをおすすめします。ラップをかけずに電子レンジで10〜15秒ほど温めてください。
固まったバターが溶け出し、焼きたての風味を楽しめます。


←マフィンのあれこれのトップに戻る